HOME > マガジン > ヘルスケア > 呼吸により横隔膜を動かそう

マガジン

< 朝日を浴びよう  |  一覧へ戻る  |  呼吸法 >

呼吸により横隔膜を動かそう

呼吸をすることにより横隔膜が動き内臓がマッサージされ、脳からは幸福ホルモンと呼ばれるセロトニンも分泌
されます。セロトニンは、体を緩め精神をリラックスさせ自律神経を整えます。呼吸の浅い人は十分な酸素がいかず
エネルギー活動に影響を与えます。朝起きたら窓を開け大きく深呼吸しましょう!!


カテゴリ:

< 朝日を浴びよう  |  一覧へ戻る  |  呼吸法 >

同じカテゴリの記事

呼吸法

呼吸には腹式呼吸と胸式呼吸の2つがあります。
腹式呼吸を意識することで自律神経バランスが整いリラックス効果につながります。

朝日を浴びよう

朝日を浴びることでびたみんDができます。ビタミンDによりカルシウムの吸収がよくなり骨を丈夫にします。
さらにびたみんDはDNAやNK細胞ににも作用し免疫力を高めるため注目を浴びています。
夜ぐっすり眠れるホルモンと呼ばれるメラトニンの生成にも深く関わっています。
朝起きたら、まず朝日を浴びましょう!!

ホメオスタシス

朝起きたら、まず朝日を浴びましょう。そして大きく深呼吸しましょう。
呼吸によって正しく横隔膜を動かすことで内臓のマッサージをしてくれます。脳からはセロトニン
(幸福ホルモン)が分泌され精神をリラックスさせ自律神経を整えます。
朝日を浴びることは、セロトニンとメラトニンの生成を増やす効果がありこれも自律神経を整えます。
メラトニンは体内時計を整え疲れにくい体を作ります。

このページのトップへ