HOME > マガジン > アーカイブ > ヘアカラー

マガジン ヘアカラー

メンズの方も大歓迎!

メンズの方にも是非Lienでの施術を受けて欲しいと心より思いますhappy01
頭皮の悩みや薄毛でお悩みの方や
いつもと違う自分になりたい方ぜひ遊びにいらしてくださいね!!

鮮やかにグレーカラー!

グレーカラーって暗くて、鮮やかな色が出ないのかなと思われがちですが
いろんなカラーのMIXで色々な色が表現できますよ!happy01

ハイトーングレーカラー+3Dカラー

ところどころに白髪が塊であるお客様!
白髪もカバーしつつ黒い髪も明るく染め。さらにスタイルに奥行きを持たせる3Dカラー!!
二色が混ざり合うことで、ツヤ感半端なし!
これからのカラーリングは3Dカラーで決まり!

塩基性カラー!

最近は彩度のはっきりとしたカラーをお求めになるお客様が多くなったと感じます
ブリーチをして鮮やかな色味を出したり、褪色したアンダーを利用して彩度のある色味をだしたり、いろんなカラー技術があります1
少し変化の欲しい方に是非オススメですheart04

明るい白髪染めで気分は春!

髪全体の30%がグレイヘアのお客様です。黒い髪を明るくして、白い髪はブラウンに染める。
部分部分でグレイの量が違うお客様はたくさんいらっしゃいます。その部分部分でカラーの調合を変えお客様一人一人に
カスタマイズしていきます。明るくグレイカラーを楽しみたい方。是非Lienにお任せ下さい!

シャンプーソムリエ アカデミー勉強会

シャンプーのことを今勉強していますなぜシャンプーソムリエアカデミーを

受講したかと言うと美容師の手荒れやお客様が頭皮で悩まれている方がたくさ

んおられたからどうにかして悩みを改善させることは出来ないのかと思い受講

しました。少しでもお客様が安心してシャンプーを使って頂けるようにお手伝

いできたらいいなと思います。美容専門学校やサロンでは


このようなシャンプーに関して教えてもらう機会がなかったのでなんとなくで

サロンでシャンプーしたりお客様にシャンプーを提案していたので今回のシャ

ンプーソムリエアカデミーの教科書で勉強したり講師の方々にアドバイスをし

てもらいながら正しいシャンプーの知識を身につけてサロンで活かしたいと思

います。シャンプー分析と仕組みと頭皮について特に体感が大事です。


お客様が健康で美しくなるために努めたいと思います。



カラーリングのお話さろんカラーをされてからの1週間が大事

【カラーリングのお話】


今回は【カラーリングのお話】


毛髪の内部にはメラニン色素と言われる色素があり、髪色を作る元になっています。

カラーリングではこのメラニン色素を脱色しながら、カラー剤の染料を発色させる事によって色味を変える事が出来ます。

カラー剤も明るくなるカラー剤になれば、メラニン色素を壊す「脱色力」があり、髪をダメージさせてしまいます。

カラーリングしてしばらくすると髪が明るくなってしまうのは、染色した染料がシャンプーなどで落ちてしまい、脱色された部分が出て来るからです。

カラーリングしてからの一週間はこの結合を安定させなければならないので、ホームケアがとても大切になります。

カラーリングは、化学的にも髪の内部のタンパク質に反応し発色します。

実際パーマやカラーの履歴が多いと、髪内部のタンパク質が少なくなり、カラーの定着も悪くなります。

(その定着をしっかりさせるためサロンではトリートメントをするのですが・・・。)

サロンではカラー前と後でケア処理をするので、いい状態で家に帰れるはずです。


そして問題はそのあと。

家に帰った後、出来ればシャンプーは避けてもらいたいと思います。

カラーリングはサロン後もしばらくは髪の内部で反応して、定着するまで24時間位かかると言われています。

この間のシャンプーはカラーの結合を壊しかねませんね。


ただ、スタイリング剤が気持ち悪い場合は、ホントに軽くなら良いと思います。

その後、1週間はカラーリングのヘアケア用のシャンプー・トリートメントを使ってください。

始めの1週間はカラーの安定期なんですね。

ちなみに、トリートメントは長い時間付けてはダメですよ!!

逆にトリートメントの成分が、発色したカラーを押し出してしまいますよ。


簡単ですが、とりあえず1週間は実践してみるとかなり効果的ですよ。

 
 

へアカラー色味を長持ちする方法

カラーの長持ち方法!!

昨日初めてご来店されたお客様からこんな質問がありました☆

「カラーの色がすぐ抜けてしまうんですが、長持ちさせるために

 

お家でできることってありますか?」

確かにすごく気になることですよね!!

お家でできることはそんなにないのですが、すごく重要なことが

 

何点かあります。

まずは、夜お風呂に入って髪を洗った後、寝る前にしっかり乾かすことです。

髪が濡れているとキューティクルが開きます。

キューティクルが開いていると、髪の栄養分やカラーリングの色素がそこから

 

外に出てしまいます。

それに髪の内部がむき出しの状態になります。

例えば、濡れたまま寝てしまって、枕に髪がこすれちゃったりしたら、色も抜け

 

ますし、髪にダメージを与えてしまって大変な状況になってしまいます。

しっかり乾かすこと、そして乾かす前にオイルなどの洗い流さないトリートメント

 

を付けて保護してあげる事が大切です。

後はお使いのシャンプーができれば市販で売ってるもの

 

ではないことが望ましいです。

市販のシャンプーですと洗浄力が強く、色素やトリートメントも

 

洗い流してしまうからです。

サロンのシャンプーは比較的、髪に優しいようにできていますので、

 

色持ち、トリートメントの持ちなどは格段に上がります。

お家でできることはこの辺りなのですが、とても重要なことになります^^

でも一番大切なことは私たち美容師がしっかり髪のケアをしながら

 

カラーリングをしているかどうか??です。

時間がかかるからとか、面倒だとかで一手間抜いてしまったりすると、

 

無駄にダメージを与えてしまったり、色持ちが悪くなったりしてしまいます。

次回は私たち美容師が出来るカラーリングのケア方法をお伝え

 

できればと思います^^

 

 

音譜リアンではカラーされるお客様全員に前処理・中間処理・後処理

 

の行程をしっかりと行っておりますのて髪の毛の状態とカラーの

 

色持ちがとても良いとお客様からも喜ばれていますニコニコ

 
 
 

へアカラーについて

ヘアカラーについて

前回ブログで書いたヘアカラーについてお客様からの質問がありましたので、もう少し詳しく書こうと思います^^

日本人の髪の地毛の色には大きく分けて「赤みのブラウンの地毛」と「黄味のブラウンの地毛」とがあります。
詳しく分けていくと「グレイブラウンの地毛」「青みの地毛」などもありますが、こちらは珍しい種類になるのでひとまずおいておきます。

「赤みのブラウンの地毛」と「黄味のブラウンの地毛」の特徴です。

「赤みのブラウンの地毛」
・日本人の7割の人が持っている髪質です。
・暖色系の色味(レッドやピンク、オレンジ系)がキレイに出ます
・逆に寒色系(アッシュやマット、ベージュ系)の色味をだすのが難しいです。
・髪質的に硬い毛の人が多いです。


「黄味のブラウンの地毛」
・日本人の約3割の人が持っている髪質です。
・寒色系(アッシュやマット、ベージュ系)の色味がキレイに出ます。
・逆に暖色系(レッドやピンク、オレンジ系)の色味をだすのが難しいです。
・色味が抜けてくると黄色く明るくなりやすいです。
・髪質的に細く柔らかい毛の人が多いです。


それぞれ、などなどの性質を持っています。

ですので、地毛の色を活用してヘアカラーを楽しむのももちろん良いですし、逆に「赤みの髪」の人がアッシュやマットの色味にしたい、または「黄味の髪」の人がレッドやピンク系にしたいという場合はカラー剤をコントロールする必要があります。

「赤みの髪」の人がアッシュやマットのお色をご希望の場合、ただアッシュのお薬を使っただけですと、地毛の赤みが勝ってしまい仕上がりはブラウン系の色味になってしまいます。
赤色と反対色である緑色を配合することで、希望色の色味に近づけていきます。
逆の場合も同じように赤色やピンク色、紫の色味を配合して暖色系の希望色に近づけていきます。

カラーリングの施術で一番重要なことは、その人一人一人の地毛の性質を見抜く事です^^

いつも何か思い通りの色味にならないな~!?と感じている方!!

ぜひ一度ご相談下さい^^

 
AD
 

1

« 感謝 | メインページ | アーカイブ | パーマ »

このページのトップへ